オークションの欠点


鉄道模型を売る時に考えられる方法はいくつかあります。最も高くなるといわれているのは、オークションの活用です。一般の人どうして取引する方法で、多くの人が利用するようになりました。ですが、ここには大きなデメリットがあることを知らないと、結果的に失敗してしまいます。

オークションオークションのメリットは、価格を自分たちで決められるところにあるでしょう。納得できる金額であれば、取り引きが成立しますが、気に入らなければだれも入札しません。売らないという選択もできるようになっています。ここで問題になるのは、価値をだれが決めるかです。売る側が価格の設定をしていき、欲しい人が入札型で値段をあげていくことになるでしょう。適正金額を知らないと、設定が大きな損失になる可能性が出てきます。商品を査定しているのが、プロではなく自分であるのも問題です。落札者が、その状態に愕然としてしまうという例は、オークションの日常茶飯事でしょう。ノークレーム、ノーリーターンと書かれていますが、そもそも取引としてもおかしな話です。ちゃんとお金が振り込まれるかといった問題も忘れてはいけません。

大事なこととして、だれも入札してくれなければ売れないということです。早めに処分したいと思っていても、これでは何の役にも立たなくなってしまいますので、プロが鑑定できる買取りのほうが有利な条件であるといえるでしょう。